生粋 名古屋コーチン一羽分(約1300g)

価格: ¥6,480 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

明治初期に維新によって職を失った
元尾張藩士 海部壮平・正秀兄弟は、
借金がかさむ中、
「鶏を飼わっせ。一日の餌代は二厘か三厘で、
一個一銭になる卵を産みますぞ」と
成鶏を飼い始める。

試行錯誤の連続で十年以上の年月が過ぎ、
それでも新品種の作出に没頭し、
ついに名古屋コーチン作出。

掛け合わせを何回も何回も続けた末の成功。


地鶏とバフコーチンの掛け合わせが新種に繋がり、初の「国家実用鶏」として認定されました。

縦60?、横95?の作品の中に、全盛期の
海部養鶏場の様子が描写されています。

約1,150坪に及ぶ広大な敷地内には、
34室大小さまざまな鶏舎が立ち並び、
雛鶏を含め5,000羽が飼育されていました。

名古屋コーチンは卵をよく産み、肉も美味しいことから、
「卵肉兼用種」に分類されています。

「名古屋コーチン」という呼称で広く知られていますが、
正式な品種名は「名古屋種」といいます。

昭和27年(1952)年に日本養鶏協会が発行の家禽標準に
記された名古屋コーチン(名古屋種)の形態的は
以下の通りです。

色、脚は鉛色である。

羽はバフ色を基調とし、雄は羽色がやや赤みが強く、尾羽は緑黒色を呈する。

雌は体羽のほとんどがバフ色で、一部に尾羽の先端が黒色を呈するものがある。

鶏肉用に飼育される名古屋コーチンの20週齢の体重は、
雄で2.7~3.0kg、雌で2.0~2.4kgとなります。

出荷される日齢はおおむね120~150日ですが、オスの方が
メスより早く出荷される傾向があります。

名古屋コーチンの肉質は弾力に富み、よく締まって
歯応えがあり、「コク」のある旨味があります。

昔ながらの「かしわ肉」の味が楽しめます。

この黄色の脂身が旨味成分。

お鍋にして召し上がると、コラーゲン成分が出てきます。

焼けば、旨味成分がいっぱいの脂身が、身に染み込み、
いちだんと肉が美味しくなります。

■ 1袋(半羽分650g) もも肉、むね肉、ささみ、手羽先、手羽もとが入っております。

新規会員登録

商品紹介

決済サービスがご利用いただけます

楽天ID決済

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク

モバイルサイト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後休

平日9:00~17:30


土曜日9:00~12:00


日曜お休み


祭日は9:00~12:00

ページトップへ