こだわり

安心・安全の秘密

日本一こだわり卵の安心と安全

徹底した管理体制

■養鶏場への立ち入りの際

当社の契約農場への立ち入りの際は、
必ず左写真のように車全体に消毒液を
噴射させます。

外からくる菌の駆除をするために行います。

もちろん車に乗車している人も必ず一度
車から降りて消毒しなければ入場できません。

■GPセンターへの立ち入りの際

GPセンターとは、鶏卵の格付(選別)包装施設のことをいいます。

このGPセンター入り口では、センサー反応で自動的に消毒液が噴霧され、消毒マットで履物も
消毒してから入場することが義務付けられております。

①集卵

ウインドレス鶏舎内にある自動集卵機(ナイアガラ)。

産まれた新鮮な日本一こだわり卵を、このベルトコンベアが、数分ごとに稼動し自動的に集めます。

集卵した日本一こだわり卵はGPセンターに送られます。

②洗卵

GPセンターに送られた卵は、まず表面に付いている汚れや雑菌を洗い流すために
「洗卵」を行ないます。

上記写真の右端にあるバキュームローダーと呼ばれる装置で、卵が割れないように優しく吸い付けて、
洗卵装置の入り口にセットしていきます。

③殻に付着した汚れを取って殺菌する

最新の洗卵選別機により、ラインに乗ったまま洗卵が行われます。

60℃前後のお湯と次亜塩素で汚れを洗い流していきます。ブラシを使用して細かな汚れは
人の手によって取り除いていきます。

④検卵 -透光検卵-

洗卵、乾燥された卵を検卵(たまごを検査)します。

この装置は「透光検卵機」と呼ばれ、暗室で下から卵に光を当てて、
より高品質な検卵のために、洗卵・乾燥を終えた卵のうち
形の悪いものや、色の薄いものは目視により取り除かれます。

⑤検卵 -コンピュータ検卵-

カメラで卵の画像を撮影し、コンピュータが画像処理し、
汚れの付着した卵を自動的に除去します。

⑥検卵 -音波検卵-

卵を叩いたときの音色により、卵のヒビを自動的に検出する装置です。

1個の卵を瞬時に16回触診、発生した音響を分析し、
ヒビの有無を検査します。

人による目視チェックの後、この装置で検卵します。

⑦検卵 -紫外線殺菌-

卵殻の表面を紫外線により殺菌します。

表面に付着した菌を殺菌することによって、鳥インフルエンザ対策にも
なっております。

⑧検卵 -内卵検査-

特殊な電球の光で卵を照らし、鉄分・ヘモグロビンをこの機械が
一瞬で検地し、血斑卵(血が混ざった卵)を取り除きます。

⑨パック詰め

最終検卵された日本一こだわり卵は、機械によってパック詰めされ、箱に入れられる前に
もう一度人の目視によって割れがないかチェックしてから箱詰めされます。

この一連の流れをクリアした卵のみ、
日本一こだわり卵として、お客様のご自宅にお届けされます。

ひょうご推奨ブランド認定

兵庫県は広大な県土を有し、地域特性特有の様々な里・山・海の幸が多く生産される
『おいしい食材の宝庫』である。

ところが、昨今のBSEや鳥インフルエンザの発生、食品の偽装表示等の一連の事件を契機に
食品に対する不安感や不信感が高まり、県産食品が持つ本来の美味しさ等が十分に
評価されにくい状況があった。

こうした状況に対応するために、平成16年7月に「ひょうご食品認証制度」が創設された。

兵庫県認証食品「ひょうご推奨ブランド」とは

●個性・特徴

生産方法・品質等の個性・特徴があること。

●安全性の確保

食品衛生法等の法令基準遵守している新規申請及び
出荷・小売段階で県が検査を実施して確認。

●安心感の醸成

生産履歴を開示する仕組みを整備している。

カンタキサンチン(合成着色料)

答)

カンタキサンチンは、自然界に存在する物質で、カロテノイドと呼ばれる物質の一種です。

1950年に食用キノコの中に含まれていることが発見され、フラミンゴ等の赤色羽毛や、
サケ、マスからも検出されています。

ギンザケ、ニジマス等の養殖の際に、飼料中に添加し、肉質の色調強化に使用されたり、
養鶏では、鶏肉になるブロイラーの肉質の色調強化に使用したり、鶏のエサに入れ、
卵黄の色調強化に使用している業者さんも実際におられます。

※日本一こだわり卵の親鶏には一切カンタキサンチンを与えておりません。

答)

カンタキサンチンは、鶏やギンザケ、ニジマスの飼料に使用が認められています。

これは農林水産省において、飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律
(昭和28年法律35号)に基づき定められています。

今般、農林水産省において飼料添加物カンタキサンチンに関する飼料一般の成分規格を
改正し、鶏、サケ科魚類及び甲殻類への使用の規制を検討しているところです。

また、米国、EU諸国においても鶏、サケ、マス等の飼料に使用されています。

答)

我が国においてカンタキサンチンは食品添加物として指定されていないことから、
食品の着色料としてカンタキサンチンを添加することは禁止されています。

なお、EUおよび米国等で食品添加物として認められています。

答)

カンタキサンチンは、自然界に存在する物質であり、食用キノコ、サケ、マスの他、
コイ科、ボラ科等の魚類、緑藻類及び甲殻類に含まれると報告されています。

しかし、飼料添加物として使用されている
カンタキサンチンは合成されたものです。

※天然飼料にこだわる日本一こだわり卵にはカンタキサンチンを一切使用しておりません。

近年、石油から作られた「カンタキサンチン」と呼ばれる化学合成物質をエサに混ぜて与える
養殖場や養鶏場も増えています。

ところが、石油から作られた着色料の化学合成物質は、網膜剥離などの問題点が指摘され、
欧米ではとくに養殖鮭が危険視されています。

また、海面養殖場には脂肪に蓄積されやすい発ガン性物質のPCBやダイオキシンが自然界の
数倍から10倍残留していると言われています。

更には、あるアメリカの大学では、養殖鮭の毒性レベルを研究しており、スコットランド産や
ノルウェー産などの養殖鮭は年に3回以下、カナダ産やチリ産の養殖鮭は年6回以上
食べるべきではないと
(『THE JOURNAL OF NUTRITION』誌135号・2005年11月)で発表しています。

答)

我が国では、カロテノイド系の飼料添加物としては、カンタキサンチン以外にカスタキサンチンが
マダイ、ギンザケ及びニジマスの飼料に、βーアポー8’ -カロチン酸エチルエステルが
鶏の飼料に添加が認められています。

また、食品添加物としては、指定添加物としてβーカロテンやビタミンA等が、既在添加物として
アスタキサンチンを主成分とするエビ色素、オキアミ色素、カニ色素等の使用が認められています。

βーカロテンやエビ色素等の着色料は、こんぶ類、食肉、鮮魚介類等には使用しては
ならないと使用基準が定められています。

答)

厚生労働省では、内閣府食品安全委員会における食品健康影響評価結果に基づき、
食品中の残留基準値について薬事・食品衛生審議会において検討しており、
以下のとおり残留基準値(案)が取りまとめられました。

食  品 基準値案(ppm)
サケ科魚類 20
いくら及びすじこ 20
鶏の筋肉、脂肪、肝臓及びその他の内臓 10
鶏卵黄 25

答)

農林水産省において、飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律(昭和28年法律第35号)
に基づき定められています。

その成分規格は、現在「鶏、ギンザケ及びニジマスに対して、飼料1トン当たり、80g以下」
となっていますが、今後、サケ科魚類及び甲殻類についても規制を拡大し、以下のとおり
改正することを検討しています。

対象動物 飼料中の含有量
採卵鶏 飼料1トン当たり8g
ブロイラー 飼料1トン当たり25g
サケ科魚類 飼料1トン当たり80g
甲殻類

答)

カンタキサンチンのADIは、内閣府食品安全委員会での食品健康影響評価により、
0.025mg/kg体重/日と設定されました。

詳しくは、食品安全委員会のホームページの「食品健康影響評価について」
を参照してください。

ADIとは、人がある物質の一定量を一生涯にわたって摂取し続けても、現時点での科学的
知見からみて、認むべき健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量で、
通常、体重1kg当たりの物質量で示され、例えば、mg/kg体重/日として示されます。

ADIの設定にあたっては、動物実験等において毒性学的なすべての有害な影響が
観察されない最大の投与量(無毒性量:NOAEL(No Observed Adverse Effect Level)を
決定し、この数値を安全係数で割って求められます。

安全係数は、無毒性量に対して、更に安全性を考慮するために用いる係数で、
通常、動物実験のデータを用いて人への毒性を推定する場合、動物と人との種差として、
「10倍」を、さらに人と人との間の個体差として「10倍」の安全率を見込み、
それらをかけ合わせた「100倍」を安全係数として用います。

従ってこのADIは、有害な量を示しているものでなく、安全な摂取量を示したものです。

また、人が一生涯にわたって摂取し続けても、認むべき健康への悪影響がないと推定
される量であることから、ある一日にADIを超えても健康への悪影響があるものでは
ありません。

※日本一こだわり卵は、悪影響がないと推定されるカンタキサンチン(合成着色料)でも、
 今後も一切使用致しません。

答)

食品については、国産食品の場合、都道府県、政令市、保健所設置市及び特別区において、
輸入食品の場合、各検疫所でモニタリング検査が実施されます。

また、飼料については、飼料工場等への検査を実施している独立行政法人肥飼料検査所等
において検査が実施されます。

近年、日本一こだわり卵と同じようなオレンジ色の卵黄をした卵が出てきております。

その同じような「卵」。
しかし、その卵はカンタキサンチン(合成着色料)を使用していない卵なのでしょうか?

私の知りうる限り、同じ色した卵には、ほとんどカンタキサンチン(合成着色料)が
含まれております。

当社の日本一こだわり卵が統一したオレンジ色の卵黄をしていないのは、
カンタキサンチン(合成着色料)を使用していないためです。

しかし、なるべく統一した色にするために、
季節等で天然飼料の配合を変えたりして努力しております。

これからも、天然飼料にこだわり、カンタキサンチンは一切使用しない事を誓います。

ご安心してお召し上がりください。

日本一こだわり卵 分析試験結果

日本一こだわり卵の分析試験結果

日本一こだわり卵は定期的に検査しております

日本一こだわり卵は、 安心・安全な卵をお客様にお召し上がり頂く為に、
一般財団法人 日本食品分析センターに依頼し、
定期的に様々な検査を行っています。

日本一こだわり卵に含まれるビタミンEの検査結果

一般普通卵のビタミンEは、1mg/100g前後なのに比べ、
日本一こだわり卵のビタミンEの含有量がすば抜けて高い。

日本一こだわり卵に対する放射能検査結果

東北地方太平洋沖地震 福島原発事故から
放射能汚染に関する検査を毎回行っております。

異常ありません。

日本一こだわり卵に対するカンタキサンチン検査結果

カンタキサンチン(着色料)は一切使用しておりません。

日本一こだわり卵の黄身の色は、天然飼料のエサの色です。

日本一こだわり卵に対するサルモネラ菌検査結果

自社契約農場にてサルモネラ菌の検査を毎月1回は必ず行っております。

サルモネラ合格卵として安心して皆様にお召し上がりいただけます。

日本一こだわり卵 こだわり

コストを顧みず徹底的にエサにこだわり、
栄養価たっぷりの天然のエサを充分に与えています。

タンパク源には、イワシの最高魚粉、又、健康成分を多く含む
小麦胚芽など栄養豊富なエサから日本一こだわり卵
(一般普通卵に比べビタミンEが約30倍)が生まれます。

そして健康で食欲旺盛な親鶏である為に、漢方薬としての
役割もあるパプリカ(西洋とうがらし)を与えています。

日本一こだわり卵の卵黄が色鮮やかなオレンジ色なのは、
のパプリカの副産物なのです。

カンタキサンチン(合成着色料)は一切使用していません。

エサだけでなく、鶏に与える飲み水にもこだわっています。

自然豊かな兵庫県赤穂市の地下深くに眠る地下水を 汲み上げ、水質を管理した天然水を飲ませています。

水道水、雨水は一切与えていません。

鶏種は、日本一こだわり卵専用の栄養豊富なエサを
たっぷりと食べて、栄養価の高い卵を産んでくれる
体の大きな赤鶏ボリスブラウンを使用。

日本一こだわり卵を産む鶏は、ボリスブラウンという種類の
鶏です。

アメリカで改良された鶏種で、温厚な性格で高品質な卵を産む
良い鶏です。

丈夫で育成率がハイレベル。

卵殻色が濃く均一で、ブラッドスポット(血斑)や、ミートスポット(肉斑)が
少なく、『赤玉鶏の王様』とも呼ばれています。

鶏を育てる環境にもこだわっています。

親鶏のストレスを軽減させ、安全なたまごを生産する
最新のウインドレス鶏舎は広く清潔な鶏舎です。

また、外部(野鳥・ネズミ等)との接触もなく、菌の感染や
夏季の高温、冬季の低温から親鶏を守ります。

空調設備が整っており、親鶏のストレス軽減にもなっております。

一般的に、たまごの大きさは親鶏の日齢(年齢)に比例して大きくなります。

しかし、栄養価はたまごの大・小どちらも大きな違いはありません。

この事から、たまごは大きくなるに伴い水分量が増えたという事になります。

水分量の多いたまごは、食した時、どうしても“水っぽい”と感じてしまいます。

そこで、いつも濃厚で、美味しいたまごをお客様にお届けするため、
当社独自の採卵期間を設け、日齢約200日~約400日までの若鶏が生んだ
『濃厚で活力のある卵』しか採卵しません。

いつも変わらぬ品質のたまごをお届けするための大切な『こだわり』です。

新鮮なたまごを、お客様のご自宅へ翌日お届け致します。

(北海道・沖縄・離島・その他の地域は翌々日)

その日の朝に集卵し、養鶏場から直送。

翌日到着ご希望のお客様は、午前11時までのご注文とさせて頂いております。

たまごを値段で選んでいませんか?

特に小さなお子様は、自身でたまごを選ぶ事ができません。

しかし、何か問題があった場合、一番に犠牲になるのが、
体の小さなお子様です。

生に近い調理方法、また、生で食べる『たまご』だからこそ、
安心・安全・品質を、
『たまご選び』の基準にしてはいかがでしょうか?

親鶏の品種やエサ・飲み水そして飼育環境によって、卵の品質は大きく左右されます。

特にエサや飲み水は大きな影響を及ぼすため、日本一こだわり卵はその名の通り、
親鶏の飼育に徹底的にこだわってきました。

ヒナ鶏の頃から特別に配合したエサをふんだんに与えています。

中でもパプリカは漢方薬としての役割もあり、親鶏の健康管理はもとより、
活力のある卵の生産に大いに役立っています。

飲み水は水質管理の行き届いた天然水を利用。

鶏舎は万全な空調設備を整え、衛生的で安全性が高く、親鶏たちのストレス軽減するような
環境下で飼育しています。

新規会員登録

商品紹介

決済サービスがご利用いただけます

楽天ID決済

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク

モバイルサイト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後休

平日9:00~17:30


土曜日9:00~12:00


日曜お休み


祭日は9:00~12:00

ページトップへ